経皮的大動脈弁留置術の世界市場規模は2025年までに年率12%で82億ドルに達する見込み

  • @Press
  • 2021年9月15日
  • 経皮的大動脈弁留置術の世界市場規模は2025年までに年率12%で82億ドルに達する見込み はコメントを受け付けていません
経皮的大動脈弁植え込み術の世界市場は、2020年から2025年までの予測期間中にCAGR 12%という健全な成長を遂げると推定されています。経皮的大動脈弁植え込み術(TAVI)は、経皮的大動脈弁置換術(TAVR)とも呼ばれ、大動脈弁狭窄症のハイリスク患者を治療するために行われる低侵襲の外科手術です。このハイリスク患者とは、外科的大動脈弁置換術(SAVR)を受けることができない手術不能な患者を指します。高齢者(75歳以上)は、開胸手術のリスクが高いため、ハイリスク患者に該当します。TAVRは、大動脈弁の血液循環能力を再生するために、経皮的に大動脈弁を移植するものです。大動脈弁狭窄症の有病率の増加に伴い、経カテーテル大動脈弁植え込みのニーズが高まっています。

詳細はこちら: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bis139005

経皮的大動脈弁植え込み術の市場は、高齢者人口の増加により成長しています。さらに、経カテーテル大動脈弁の進歩とTAVIデバイスの採用率の上昇が市場を牽引しています。しかし、クラスIIIの医療機器である経皮的大動脈弁の承認には政府の厳しい規制が強く存在し、経皮的大動脈弁植え込みシステムに伴う高コストが市場成長の妨げとなっています。逆に、新しい適応症に対する経カテーテル大動脈弁植え込みシステムの使用、新興国での医療費の増加、世界の経カテーテル大動脈弁植え込みシステム業界における主要企業の関心の高まりは、予測期間を通じて市場にいくつかの成長機会を提供すると予測されます。

また、研究開発活動への投資の増加、新製品の発売、有利な償還政策なども、市場を活性化させる要因の一つと考えられます。低侵襲手術(MIS)の普及と経カテーテル大動脈弁置換術の技術的進歩により、入院期間が短縮される可能性があります。これにより、医療費が削減され、市場全体の成長につながると考えられます。

さらに、地理的な拡大、資金調達、先進的な機器や処置方法の採用が、予測期間中の市場の成長を後押しすると考えられます。Annals of Cardiothoracic Surgery(ACS)によると、ハイリスク患者の治療において、経カテーテル大動脈弁植え込みシステムは費用対効果が高いと考えられています。欧米諸国では、経皮的大動脈弁植え込み術は政府の資金援助を受けています。

日本はアジア諸国の中では例外的で、日本政府が主に治療費全体を負担しています。その他のアジア諸国では、患者さんが治療費を全額負担しています。また、国内では、経カテーテル大動脈弁植え込みシステムの登録を進め、維持するための努力がなされています。日本の経カテーテル大動脈弁植え込みシステムレジストリには、2013年以降に日本で行われた8,000件以上のTAVR手術のデータが登録されています。

経皮的大動脈弁植え込み術の世界市場のセグメント概要

経カテーテル大動脈弁留置術市場は、手順別にセグメント化されています。これらの主要な市場セグメントは、さらに様々なサブセグメントに分類され、市場を詳細に調査しています。

手続き別の展望(大腿部移植、経皮的移植、トランス大動脈移植

キープレイヤーの洞察

アボット・ラボラトリーズ、ボストン・サイエンティフィック・コーポレーション(Symetis SA)、ブラッコS.p.A.(HLT社)、エドワーズ・ライフサイエンス・コーポレーション、イエナバルブ・テクノロジー社、JCメディカル社、メドトロニック社、メリル・ライフサイエンス社、NVT AG、ヴィーナス・メドテック社などが、世界の経カテーテル大動脈弁植え込み術市場の調査に含まれる重要なプレーヤーです。

購入に関するお問い合わせ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bis139005 にお願いします。