「第78回ゴールデングローブ賞授賞式」にサルマ・ハエックをはじめ数々のセレブリティがハリー・ウィンストンのジュエリーを着用し登場

  • @Press
  • 2021年3月5日
  • 「第78回ゴールデングローブ賞授賞式」にサルマ・ハエックをはじめ数々のセレブリティがハリー・ウィンストンのジュエリーを着用し登場 はコメントを受け付けていません

2021年2月28日(日)に開催された「第78回ゴールデングローブ賞授賞式」に、サルマ・ハエックをはじめとするセレブリティが、ハリー・ウィンストンのジュエリーを着用し登場しました。

Salma Hayek:Todd Williamson/NBC / Contributor

プレゼンターとして登場したサルマ・ハエックは、約19.07カラットのルベライトのセンターストーンに、総計約13.81カラットのダイヤモンドとブルー/ライトピンクサファイアをセットした「ウィンストン・キャンディ・リング」をはじめ、胸元には計394個(総計約9.9カラット)のダイヤモンドに包まれたシークレット・ウォッチ、「アルティメイト・エメラルド・シグネチャー」をブローチとして着用しました。

クリスティン・ウィグは、総計76カラットを超えるダイヤモンドをあしらったクラシックなハリー・ウィンストンのジュエリーを纏い登場。

同じくプレゼンターとして登場したオークワフィナは、ハリー・ウィンストンの人気コレクション「ループ」より、ペアシェイプのピンクサファイアがフェミニンな表情を湛える「ループ・フルモチーフ・イヤリング」で繊細な輝きを添えました。

【ハリー・ウィンストンとは】

1932年に米国ニューヨークで創業したハリー・ウィンストンは、高級ジュエリーやハイエンドの腕時計製造の分野において先駆者的な存在です。ハリー・ウィンストンは、ヨンカーやホープ・ダイヤモンドなど世界有数の宝石を収集することで、「キング・オブ・ダイヤモンド」と称されてきました。また、1944年に初めてレッドカーペットでハリウッド女優にダイヤモンド・ジュエリーを貸し出した時から、「スターたちのジュエラー」という名声も手に入れます。現在はニューヨーク五番街に本店を置き、ビバリーヒルズ、ロンドン、パリ、東京、香港、上海を含めた、世界中の主要都市で直営店を運営しています。

≪読者問合せ先≫

ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション

TEL:0120-346-376

http://www.harrywinston.com