アクサ損害保険株式会社 2020年度第3四半期の主要業績のお知らせ

  • @Press
  • 2021年2月22日
  • アクサ損害保険株式会社 2020年度第3四半期の主要業績のお知らせ はコメントを受け付けていません

アクサ損害保険株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長兼CEO:ハンス・ブランケン)は、2020年度第3四半期(2020年4月1日~2020年12月31日)の主要業績を発表いたしました。

          [2019年12月期] [2020年12月期] [増減額/増減率]

元受正味保険料  :41,422百万円  42,373百万円  951百万円(2.3%)

正味収入保険料  :40,750百万円  41,480百万円  730百万円(1.8%)

正味支払保険金  :23,830百万円  20,413百万円  △3,416百万円(△14.3%)

正味損害率    :65.7%     56.9%     △8.8ポイント

正味事業費率   :26.3%     27.3%     1.0ポイント

異常危険準備金繰入

    (△は戻入):△380百万円   1,317百万円   1,697百万円(△445.9%)

保険引受利益   :3,123百万円   2,704百万円   △418百万円(△13.4%)

経常利益     :3,548百万円   2,939百万円   △609百万円(△17.2%)

四半期純利益   :2,334百万円   2,083百万円   △250百万円(△10.7%)

          [2020年3月末] [2020年12月末] [増減額/増減率]

単体ソルベンシー

  ・マージン比率:576.6%    671.0%     94.4ポイント

総資産額     :86,868百万円  87,933百万円  1,064百万円(1.2%)

純資産額     :27,384百万円  25,550百万円  △1,834百万円(△6.7%)

※2019年度末に会計方針の変更に伴い遡及適用が行われたため、2019年12月期の財務数値については遡及適用後の数値を記載しております。単体ソルベンシー・マージン比率については遡及適用を行っておりません。

■アクサ損害保険(アクサダイレクト)について

アクサ損害保険株式会社は、1998年に設立され、翌年7月より営業を開始し、現在は主に自動車・バイク保険、ペット保険を販売しているアクサのメンバーカンパニーです。個人のお客さまを対象とした「アクサダイレクト総合自動車保険」は好調な売上を続け、保有契約件数は110万件を超えています。

URL: https://www.axa-direct.co.jp/

■アクサグループについて

アクサは世界57ヶ国で16万人の従業員を擁し、1億800万人のお客さまにサービスを提供する、保険および資産運用分野の世界的なリーディングカンパニーです。国際会計基準に基づく2019年度通期の売上は1,035億ユーロ、アンダーライング・アーニングスは65億ユーロ、2019年12月31日時点における運用資産総額は9,690億ユーロにのぼります。アクサはユーロネクスト・パリのコンパートメントAに上場しており、アクサの米国預託株式はOTC QXプラットフォームで取引され、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)やFTSE4GOODなどの国際的な主要SRIインデックスの構成銘柄として採用されています。また、国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)による「持続可能な保険原則」および「責任投資原則」に署名しています。

*上記のアクサグループ数値は2019年度のもの