ジュエリーメーカー『KISHUN(キシュン)』第8回国際宝飾展・秋(秋のIJT)に出展。 史上最大数の再研磨高品質ジュエリーに加え『限定蔵出し在庫』も多数出品。

  • @Press
  • 2020年10月22日
  • ジュエリーメーカー『KISHUN(キシュン)』第8回国際宝飾展・秋(秋のIJT)に出展。 史上最大数の再研磨高品質ジュエリーに加え『限定蔵出し在庫』も多数出品。 はコメントを受け付けていません
ジュエリーメーカー『KISHUN(キシュン)』(株式会社貴瞬 所在地:東京都台東区、代表取締役社長:辻 瞬)は、2020年10月28日(水)から30日(金)パシフィコ横浜にて開催される、国内最大級の宝飾展「第8回国際宝飾展・秋(秋のIJT)」に出展いたします。

【第8回 国際宝飾展・秋(秋のIJT)出展概要】

開催日時:10月28日(水)~30日(金) 10:00~18:00
会場:パシフィコ横浜 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
ブース:17-5
主力商品:カラーストーンジュエリー(エメラルド、サファイア、カラーストーン全般)
URL:https://bit.ly/3h5sC6F
一般来場招待券申し込み:https://bit.ly/3lZfun9

【KISHUNについて】

『KISHUN』
中古製品として買取された良質な宝石を再研磨し、最新デザインの枠に嵌め生まれ変わらせることで新たな価値を与え、通常新品を製作するよりも高品質で低価格なジュエリーとして創業以来多くの反響を得ております。
また近年、再研磨した宝石を利用するビジネスモデルが環境問題や若年者労働問題にも目を向けたエシカルな点でも注目され始めています。

再研磨前
再研磨前

再研磨後
再研磨後

【主な展示商品】


天然サファイアリング 10.688ct
天然サファイアリング 10.688ct

天然ブラックオパールリング
天然ブラックオパールリング
今展示会では、貴瞬出展史上最大級の再研磨ジュエリー500点・希少ルース(裸石)1000点を準備しております。また今展示会限定の『社長蔵出し在庫』も出展いたします。

【今後の展望】

『KISHUN』は、今後も国内に眠る良質な宝石を仕入れ、再研磨・リメイクすることで宝石の本当の価値をお客様に提供いたします。そのためにより国内だけでなく海外に販路を広げるべく、海外事業所の展開を目指します。
また宝石採掘において問題となっている森林伐採などによる環境破壊、原産地での若年者の労働問題にも目を向けてもらえるようエシカル消費を意識したものづくりを心がけてまいります。
またそのようなジュエリーブランド設立に向けたクラウドファンディングなども積極的に行っており、中古素材の概念を変えるようなまったく新しいジュエリーを作っていきます。

【会社概要】

会社名:株式会社貴瞬
代表取締役の辻が買取営業マン時代、買い取りをした古いジュエリーの色石の質が高いと感じながらも、経年による摩耗や欠けによる価値の低下や実際にそのような宝石を捨てている現場を目の当たりにし、宝石の再利用の必要性を実感。

また製造工程の細分した外注中心の業界事情に弊害を感じる一方、中古ジュエリーに付加価値をつけることにビジネスチャンスを見出し、2015年7月西川口にて社員3人で創業。わずかタタミ2畳ほどの小さな事務所からのビジネススタートでした。

2016年御徒町に本社移転。この移転が大きな転機となります。
これを機に御徒町に自社工房を設立し、再研磨からデザイン・製造に至るまでを全て内省化に本格的に着手し、徹底的に時間とコストの最適化を図る業務のワンストップ化に成功。
またこの頃より国内宝飾展だけでなく、香港など海外の宝飾展にも積極的に出展し販路の拡大を推進。中国・インド・東南アジア各国との取引により年々売上を伸ばしていき、わずか5期目の2019年度にはグループ全体で年商約40億円を達成しました。

本来、ひとつひとつの作業がそれぞれ外注メインである宝飾業界において、全ての作業を自社完結するだけでなく、宝石鑑別機関との提携・専属契約により、業界のワンストップ化を更に推し進め、中古ジュエリーに新たな価値を提供するとともに、後継者問題に悩む研磨職人の育成にも力を注いでいます。

【本件に関するお問い合わせ先】

担当者:横尾
TEL:03-5816-6363
FAX:03-5816-6361
所在地:東京都台東区東上野1-12-2 THE GATE UENO 4F
MAIL:info@kishun.co.jp
URL:https://kishun.co.jp/