TPCマーケティングリサーチ株式会社、2020年 米国の化学系ベンチャー企業要覧について調査結果を発表

  • DreamNews
  • 2020年6月30日
  • TPCマーケティングリサーチ株式会社、2020年 米国の化学系ベンチャー企業要覧について調査結果を発表 はコメントを受け付けていません。


当資料は、今後グローバルケミカルメーカーが注目すべき米国発の化学系ベンチャー企業50社について、その研究・技術テーマや製品等を分析したもの。近年、化学系ベンチャー企業は革新的な技術や素材で注目されている。こうした中、日本企業を含むグローバルケミカルメーカーは、自社でベンチャーキャピタルを設立してベンチャー企業に出資し、共同R&Dを推進するなどしている。

概要
◆近年、化学系ベンチャー企業は革新的な技術や素材で注目されている。日本企業を含め、グローバルケミカルメーカーは自社でベンチャーキャピタルを設立してベンチャー企業に出資し、共同R&Dを推進するなどの動向がみられる。当資料は、今後ケミカルメーカーが注目すべき米国発の化学系ベンチャー企業を中心に実査したものである。

◆今回抽出した米国の化学系ベンチャー企業50社を、各社の技術/製品を展開用途別に調査・分析したところ、環境・エネルギー用途が24社、自動車用途の技術/製品を展開している企業が18社、電気・電子、医薬・ヘルスケア用途がいずれも17社、パッケージ用途が8社、その他用途が37社となった(重複有)。各社とも最新の技術/製品で、それぞれの用途/産業が抱える課題やニーズに応えている。

◆すなわち、環境・エネルギー用途では持続可能な社会を実現すべく、ベンチャー企業は浄化技術や再生可能エネルギーに関連した部材・技術を提案している。このほか自動車用途では軽量化やエコカー、バイオ燃料、電気・電子用途は半導体やディスプレイというように、それぞれの産業でキーテーマとなっている分野に、自社のコア技術やコア製品を展開している。

◆また、ベンチャー企業の提携状況に目を向けると、大手ケミカルメーカーがベンチャー企業に出資しており、中には自社でベンチャーキャピタルを設立・運営している企業も少なくない。たとえば、RoyalDSMはDSMVenturingを運営し、3Dプリンティング材料や骨再生用材料を展開するベンチャー企業に出資。日本企業でも旭化成がAsahiKaseiCorporateVentureCapitalを運営している。ケミカルメーカーは、ベンチャー企業の革新的な技術を自社に応用すべく出資しており、共同で研究開発を進めているケースもみられた。

◆当資料では今後グローバルケミカルメーカーが注目するベンチャー企業50社について、その研究・技術テーマや製品等について調査・分析している。

TPC市場調査レポート
「2020年 米国の化学系ベンチャー企業要覧」
―米国ベンチャーの最新技術・素材をどう活かすべきか―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr410200492
資料体裁:A4判128頁
発刊日:2020年6月30日
頒価:97,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531