ブロックチェーン技術を用いたデジタル乗車券の実証実験を開始  ~QRコード乗車券の利便性やスマートフォンアプリへの乗車券搭載による駅業務効率化を検証~

  • DreamNews
  • 2020年1月29日
  • ブロックチェーン技術を用いたデジタル乗車券の実証実験を開始  ~QRコード乗車券の利便性やスマートフォンアプリへの乗車券搭載による駅業務効率化を検証~ はコメントを受け付けていません。
近畿日本鉄道株式会社(本社:大阪市天王寺区、代表取締役社長:都司尚)、株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森崎孝)、オムロン ソーシアルソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:細井俊夫)、株式会社chaintope(本社:福岡県飯塚市、代表取締役CEO:正田英樹)および近鉄グループホールディングス株式会社(本社:大阪市天王寺区、代表取締役社長:吉田昌功)は、2020年2月17日(月)から23日(日)の間、ブロックチェーン技術とQRコード(※1)を活用したデジタル乗車券をスマートフォンのアプリ上で発行し、自動改札機で利用する実証実験を、近鉄難波線「近鉄日本橋」駅と近鉄大阪線「近鉄八尾」駅において、参画各社の関係者を対象に行います。
本実験は、総務省(※2)が行う「地域経済の活性化に資するブロックチェーン技術による情報の安全かつ円滑な流通及び『スマートコントラクト(※3)』による省力化等の検証及び社会実装に向けた調査研究」の一環として、ブロックチェーン技術がもつデータの信頼性や耐改ざん性といった特徴を活かし、セキュリティ面の強化のほか、お客さまの利便性向上や駅業務の効率化など、同技術の新たな利用可能性を検証するものです。
本実験で確立したデジタルチケット技術は、今後、鉄道をはじめとしたさまざまな分野に応用し、紙の乗車券や施設の入場券など各種チケットのデジタル化を推進するほか、スマートコントラクト機能を活かした省力化の実現、MaaSやデジタル地域通貨などと組み合わせた新たなサービスの創出など、ブロックチェーン技術の社会実装を進めていきます。
詳細は別紙のとおりです。

【実証実験のイメージ】


※1 QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。
※2 情報流通行政局情報流通振興課
※3 自動的に契約を実行する仕組み

=========
お問い合わせ先
=========
【実験内容に関するお問い合わせ】
  近畿日本鉄道(株) 鉄道本部 企画統括部 営業企画部
  課長 廣瀨貴幸(電話:06-6775-3504)
【ブロックチェーン技術に関するお問い合わせ】
  (株)三菱総合研究所 イノベーション・サービス開発本部 地域DX事業部
  主席研究員 奥村拓史(電話:03-6858-3593)
【改札機処理等のシステムに関するお問い合わせ】
  オムロン ソーシアルソリューションズ(株) 社会ソリューション事業本部 西部事業統括部
  担当部長 中村太(電話:06-6347-5852)